ドラマ「ALIFE(アライフ)」3話ネタバレ、感想、見逃し動画など

キムタク主演のドラマ「ALIFE」3話の感想やネタバレについて書きます。

それにしても、どうして医療モノというのは黒い権力者、病院運営側と、医療の現場にいる医者の対立的な構図が多いんでしょうね〜。

確かに医療法人には補助金とか、保険料とか、いわゆる税金が多く使われているのは確かです。税金は使い道が不透明ですし、医療関係に多くのお金が使われているのも事実だから仕方ないのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」動画3話の見逃し動画を無料で安全に見る方法

日曜劇場、ドラマ「A LIFE(アライフ)~愛しき人~」はTBS系で視聴されているので、U-NEXTで視聴できます。

今なら31日間も無料視聴できるので、カルテットもイッキ見出来ちゃいますね。

TBS以外の新作ドラマが見られるU-NEXT(ユーネクスト)で無料トライアルを使って無料視聴するのをオススメします。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら31日間の無料トライアル実施中!


違法でアップロードしている動画は見るのも違法なので、動画配信サイトから見るのが安心です。

私も登録して、31日で解約できました。もちろん労金は発生しませんでした。
配信されているドラマ、映画、アニメ、雑誌が見放題でした。

前クールで配信されていた「逃げるは恥だが役に立つ」も放送されているのでイッキ見出来ちゃいます。

ドラマ「ALIFE」3話のあらすじ、予告動画

ドラマ「ALIFE」3話のあらすじ

 精力的に論文を書こうとする深冬(竹内結子)は、難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していると沖田(木村拓哉)に語る。深冬は自分のためにも、病院の跡取り娘としても、指導医の認定を受ければ役に立つ、と考えていた。
ある日、腹痛を訴える女の子が小児外科を受診する。他の病院では心因性と診断されたが違うのではないか、と不安がる母親。深冬は女の子を入院させ沖田の力を借りて原因を特定、手術をすることを決める。ところが、前に女の子を診察していた医師が小児外科治療学会のトップだったことから、深冬は壇上記念病院院長で父の虎之介(柄本明)に手術を止められてしまう。医学界の権力者に楯突いてでも子供を救うべきか、それとも自分と病院の将来を守るべきか、悩む深冬に沖田は・・・。

引用:tbs

ドラマ「ALIFE」の予告動画

キムタクのあのセリフはアドリブだった!

今回の話は、お腹を痛がる女の子の診断っを巡って色々と医療現場の圧力とかが浮き彫りになるようなお話でした。

やっぱり権力者には逆らえないんだねって感じですね。実際、医療現場での派閥とか圧力は相当なものらしいですよ。

これは、僕のきいた話ですけど、地方の病院に東京から医者の先生が出張してくるじゃないですか。実はあれも、どこの大学出身の先生を招くか決まっているそうです。出身大学の派閥ですね。

派閥があるのは、医者だけでなくって先生とか公務員にも結構ある話みたいですけどね。

完全に余談です。

そして、噂になっているアドリブというのが、キムタクが女の子に言った、
「痛かったら僕の手をぎゅっとにぎっていいよ」という一言。
これがアドリブだといわれています。

こんなこと言われたら、痛くて怖いと思っている女の子は、だいぶ心強いんじゃないでしょうか。

うちの子供の場合は、痛い=怖いなので、「怖かったらぎゅっと握ってていいよ。」になるかな。とか思いましたが、子供を持っていないと痛い=怖いということが連想できないよなー。なんて思って見たり。

アドリブでこんな発言が出るキムタクはすごいと思いました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする