アレルギーと間違いやすい食物不耐症とは何か?症状や検査方法は?

子供の肌に出てきたじんましんを見て、これって、もしかして アレルギー?

とドキッとする場面が一度はあると思います。

でも、それはアレルギーとよく似た

食物不耐症が原因かも

食物不耐症ってなに?

食物不耐症は、特定の食品を消化できない病気だそうです。

「牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする。」

これ、聞いたことありますよね?
体内に乳糖を分解する酵素が無いから、牛乳を飲むと乳糖を分解できなくておなかをくだす。

有名なので、
1回ぐらい聞いたことあると思います。

実はこれが、乳糖不耐症って言って、代表的な食物不耐症だそうです。
確かに、
牛乳飲んでお腹壊すのはアレルギーじゃないですね。

食物不耐症は平均して4〜〜6個

食物不耐症を持ってる人は、平均的すると4〜6個の不耐症を持っているそうです

そう言われても、食べ過ぎなければ平気なので、気づかないコトも多いんじゃないかなって思う

よく海外に旅行する友人も、イタリアから帰ってきてじんましんが出て、

最近まで原因が分からなかったんだけど、

実はルッコラ不耐症だったんだって
普通、ルッコラなんてあんまり食べないから知らなくても当然だよね。

だから、自分に食物不耐症があるかどうか判断するのは難しそう

本人が気がつかないだけ。
ってパターンも多いんじゃないかな

食物不耐症の症状について

特定の食品に対して拒否反応を示すのが食物不耐症です。

その点は、アレルギーと似ていますね。
でも、食物不耐症は消化器系が示す拒否反応なのでアレルギーとは原因が違うようです。

先ほどの乳糖のように、体内に消化酵素がなかったり、特定の化学物質を処理できない事が原因とか。

確かに牛乳でお腹壊す人も飲みすぎなければ平気ですし

基本的に、処理できる量を超えると発症するので、大量に摂取しなければ症状も出ないです。

アレルギーは少量でも発症するので、この点は違うところですね。

症状を調べてみたら、こんな感じです。

  • 腹痛
  • 膨満感
  • ガス
  • 胃けいれん
  • 頭痛
  • 発疹
  • 疲労
  • 倦怠感 

アレルギーと食物不耐症の違いは?

一番違うのは、命の危険があるかどうか、です。

食物不耐症は、消化器系からくる症状なので抗体は作られません。少量では発症しにくいので、自分のリミッター以上の量を食べなければ問題ないです。

しかし、アレルギーは免疫系からくる症状です。

アレルゲンになる物質が体内に入った時に、免疫系により抗体が作られます。

最初は問題なくても、次にそのアレルゲンを摂取した時に、抗体からヒスタミンが放出されて発症します。

抗体によるものなので、少量でも発症するし命の危険が伴うコトもあります。

スズメバチに2回刺されたら死ぬ
というのも、このアレルギー反応によるものだそうです。

食物不耐症の検査はどこで受けられるか?

じゃあ実際に食物不耐症の検査はどこで受けられるか調べてみました。

簡単にやるなら検査キットだよねー
って調べてみたけど、どうも食物不耐症の検査キットは無いらしい。

グルテンやイースト菌など、有名な不耐症はアレルギー検査で受けられるようです。

なお、ルッコラ不耐症だった友人は、アレルギーだと思っていたらしく、普通にアレルギー科で検査したそうです。

だから、アレルギー科がある病院で検査すればよさそうですね。

ただし、検査には注意が必要で、
食物不耐症は普通のアレルギー検査では検出されないそうです。

さらに、酵素ごとに検査が必要になるので、
いろいろ試してみたら

検査に十数万〜

という可能性もあります。

自分で出来る、食物不耐症の検査

すでに症状が出ている人は、
自分で調べる方法も有効なようです。

病院で検査となると、費用がバカにならないからね、

アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)によると、 食物アレルギーのおおよそ90%以上は8品目が原因なんだそうです

だから、以下の食品を抜いて、症状を調べる。それだけだけど、見つけやすいようです。

  • 牛乳
  • 甲殻類(カニ、エビなど)
  • 木の実(アーモンド、カシューナッツなど)
  • ピーナッツ
  • 小麦(グルテン)
  • 大豆

抜く時のコツは、
1食品ごとに抜くこと
小麦は1ヶ月以上抜くこと
小麦以外は1週間以上抜くこと

この方法で試してみて、体調がよくなったら抜いた食品が怪しい

となるそうです。

あくまでも目安と思って
見つけたら病院でしっかりと検査するのが良いと思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク