配偶者控除の廃止で家族年収500万の専業主婦家庭の増税額は?

以前から増税のテーマに上がっては先送りされていた、「配偶者控除」がついに施行するための検討に入ったようです。

配偶者控除は検討されて見送られてを何回も繰り返していますが、税金が足りてない状況での再検討ですから、さすがに今回ばかりは見送りにはならないと思われます。

配偶者控除が廃止されると増税額はいくらか?

仮に夫の年収が500万だったすると、増税額は年間7万円以上になるようです。

夫の給与を500万円、給与所得控除額を154万円とすると給与所得は346万円となります。そして、社会保険料を68万円、配偶者控除38万円、基礎控除38万円とすると所得税は10万4,500円となります。仮に配偶者控除がないとすると所得税は14万2,500円です。配偶者控除は、年間3万8,000円の節税効果を生み出しています。

住民税にも配偶者控除があります。控除額は33万円です。住民税の税率は都道府県民税・市町村民税合わせて10%なので、年間3万3千円の節税効果です。夫の給与が500万円の場合、所得税・住民税の節税効果は合計7万1,000円です。

http://sharescafe.net/49467522-20160905.html

藤尾智之 税理士・介護福祉経営士

僕自身の給与所得がそのくらいなので、7万円の税金負担を考えておかなくてはいけないようです。
年間7万円は月々にすると約6000円です。月6000円と言うと、飲み会1〜2回分、子供の習い事1〜2つ分です。そう考えると結構大きい負担額ですね。

[adsense]

夫婦控除とはどんなものか?

配偶者控除に変わって、夫婦控除という新しい制度が作られると言われています。
しかし、2016/9現在、夫婦控除について詳細はまったく決まっていないようです。
婚姻している男女に適用される控除なのか?子供の数によって控除額に違いがあるのか?
これから議論されるという感じですね。

ここからは個人的な意見ですが、婚姻している男女に適用される控除で、控除額は減額となると思います。共働き夫婦で二人合わせて配偶者控除並みの控除額になって欲しいですね。
それと、子供の数による控除率に変化をつけて欲しいです。変化率は子供1人あたりではなく、子供が増えるほど有利になるとありがたいです。

  • 子供1人:10万
  • 子供2人:23万
  • 子供3人:39万

みたいな感じです。(数字は適当です)

夫婦であれば控除されて、子供が多いほど控除額が多くなる。でも、収入が無い人には意味が無い。そういう形に作り上げるのが良いんじゃ無いかなって思う。

保育所に子供を預けることが難しい主婦には厳しい制度になると思うけど、全員に平等な改革など無いのだから文句は出て当たり前です。考えなくてはいけないのは、どのポジションの人を優遇するか。僕なら、共働きで子育している人を優遇しますね。

主婦も働けばいい。という考え方について思うこと

配偶者控除の話になると、「主婦も働きに出ればいいじゃん。」的な意見があると思います。
僕自身は妻が外で働いてくれるのは大賛成です。賛成の理由には財政的な側面もありますが、仕事をする事で子育てのストレスも軽減されるんじゃ無いかと思うからです。

たまに代わってみると子供の相手は本当にキツイです。それが毎日ですから精神的に追い詰められていても不思議じゃ無いと思います。

だからパートでも良いから働きに出ればいいじゃんと思うのですが、そう簡単に仕事に就けないみたいです。

そもそも、仕事を持っていないと保育所に入れるのは難しいようです。我が子は幼稚園に行っていますが、幼稚園の保育時間が長くても9:00〜15:00です。延長保育をお願いしても17:30までです。この時点で、幼稚園に入れている主婦はフルタイムの仕事には付けません。

では、パートに入れるか?幼稚園の保育時間内でパートに入れそうな時間は、10:00〜14:00の4時間です。昼休憩があるので実働は3時間ぐらいで、あんまり働けないですね。慌ただしい割に稼ぎが少ないということになりそうです。それでも雇ってもらえるなら御の字で、その労働時間では雇ってもらえない可能性が高いです。仮に僕が雇い主だったらお引き取り願いますね。さすがに3時間では戦力にならないです。

では、子供が小学生になれば働けるのか?実は低学年のうちは幼稚園と帰ってくる時間が変わらないので、中学年以降で無いと難しいようです。

子供2人育てたとして、下の子が小学3年生に成るまでの13年間は働くことが難しい。という事になります。

そう考えると、やはり子育て中の主婦が仕事を始めるハードルは高いです。

出産すると専業主婦が確定する女性は多い

妻は出産する前は派遣の事務員でした。派遣には産休育休はありませんから出産時に仕事を辞めて主婦になりました。元派遣で専業主婦というのは珍しい事ではなく、派遣で働く女性が増えた昨今ではよく聞く話です。

そして、出産時には仕事を辞めさせられる女性もいます。僕自身も「妊活するから仕事をやめる女性」を多く見ています。それらの女性が幼稚園の先生なのですから、なんとも皮肉なものです。

たまに、30代女性の非正規が増える事について、結婚して辞めるからと書いているメディアが多いけど、辞めさせられている事例を無視してはいけないと思います。夫の収入増が望めない昨今ですから、結婚して寿退社する人より、妊娠して辞める(辞めさせられる)女性の方が多そうです。

[adsense]

主婦が稼ぐなら130万円以内、もしくは160万円以上のどちらか

配偶者控除が無くなることで、よく言われる103万円の壁は取り払われることになります。だからと言って自由に稼げるかというとそうでも無いです。

妻の年収が130万円以上になると社会保険料を旦那から切り離す必要があります。そのため年収130万〜160万の稼ぎでは、扶養でいる時よりも夫婦2人の手取りが少なくなってしまうそうです。

年収130万稼ごうと思ったら、どのくらい働けば良いか?ちょっと計算してみました。
1,300,000÷12=月々約108,400円
時給900円だと
108,400÷900=月120時間以上の勤務時間が必要です。
さらに1日あたりでは、
8時間勤務で、120÷8=15日
6時間勤務で、120÷6=20日
パートで年収130万円以上稼ぐのは思った以上に大変ですね。
逆に言うとパートで働く以上、130万円を超えるのは簡単じゃ無いと言うことです。
だったら、全力で働いちゃえばいいと思います。

主婦の仕事探しは、ネットの求人サイトがオススメです

家の近くに条件の良い仕事があればそれに応募するのが良いと思います。近ければ通勤時間も短くて済むので、働ける時間が長くなりますから。

しかし、近くに働き口が見つかるという幸運はそうそうあるものじゃ無いです。ほとんどの人が何かの媒体で仕事を探す必要があります。

手軽なのはネットの求人サイトですね。駅などに置いてある求人雑誌を見る人も多いけど、いつも同じ広告が掲載されている感じがあるし、取りに行くのは面倒です。その点、ネットの求人サイトはスマホで空き時間にチェックできるのでオススメです。

大手のディンプルとかオススメですね。案件が豊富なので良い条件の仕事が見つかりやすいです。仕事を斡旋してもらう時は来社が必要ですがディンプルから仕事を紹介してくるので、探す手間が省けて良いです。

自分で探す場合も、エリアと仕事内容(販売、事務、レジスタッフ、受付、オペレーターなど)で検索できるので狙った仕事を探しやすいです。

次の流れがスムーズなのでオススメです。

①マイページ作成、②仕事にエントリー、③来社登録予約、④仕事の紹介を受ける(たまに未公開あり)、⑤仕事開始

ディンプル/業界最大級の求人数!

試しに、僕の住んでいるエリアの仕事を探してみました。大手デパートの販売の仕事も多く、それらの仕事は時給1,500円の案件もあります。

パート募集の掲示板はトイレの前に置かれていることが多いので、家族のトイレ待ちの時によく眺めていますが、時給1,500円は見たこと無いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク