嵐・櫻井翔の新語AZASを流行らせよう!意味と読み方は?amnosとは?azas慶応と関係ある?

の櫻井翔さんが使っている新語「AZAS」が話題になっているので取り上げてみたいと思います。

このAZASはツイッターのトレンドワードにも出てくるほどの人気で、
櫻井くんの新語をはやらせようという動きもあるみたいです。

ちなみに、amnosもトレンド入りしています。

これらの新語について調べました。

AZASの意味と読み方は

近、櫻井さんが使っている「AZAS」は「あざっす」=「ありがとう」の意味だそうです。
読み方も、「あざっす」もしくは「あざーす」だと思います。

「あざっす」、「あざーす」っていう発音は、
運動部でよく聞きますね、試合の後とかの挨拶で、「あざーす」って言ってました。

その「あざっす」を文字にしたのが、AZASだそうです。

amnosの意味と読み方は?

amnosという言葉もトレンドキーワードに入っていて、
AZASと似たような言葉なのかと思ったら、全く違ったものでした。

amnosとはメンバーの頭文字のことを示しています。

A=相葉
M=松本
N=二宮
O=大野
S=櫻井

読み方は、「アムノス」だったり、「エーエムエヌオーエス」だったりだそうです。
La tormentaや、COOL&SOULでは、後者の読み方をしているそうです。

amnos神風と言う言葉としても使われえいるようで、
嵐メンバー5人の頭文字+神風なので、「嵐5人が巻き起こす神風」みたいな意味に解釈している人も居ました。

azas慶応と関係ある?

azasで調べていくと、azas慶応というサークルが出てきます。

Azasって名前のオールラウンドサークルのようで、
櫻井くんが使っているazasとは違うみたいですね。

櫻井翔は慶応大学卒なので、実は関係あるのかと思ったんですが、
関係なさそうですね。

今後、azasが流行っていくか、注目したいと思います。

読んでくれてAZAS!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク