モズ(mozu)第5話のネタバレ感想!少女がみたお化けの正体は女性だから新谷宏美(池松壮亮の妹)?

ズ第5話では、1話でお化けを見たという女の子(大川春菜)が書いていた絵が完成していました。

だるまの絵を書いてるのかと思ったんですが、女性のようなので違うらしいです。

少女は「おばけを見た。」と発言していて、
倉木が少女の絵を並べていくと、赤い目と赤く口の女性が描かれていて、
少女はそのお化けが人をバラバラにしていた。と話してます。

このお化けとだるまは、原作にはない設定なので、
今後の展開に大きく関わってくると思うんですけど、
今のところ正体は謎のままです。

そういえば、icチップってどこにあるんでしょうか。
それも謎のままですね。

少女が見たお化けはモズではないか?

女が見たお化けは、モズだったのではないかと思います。

人間をバラバラにしていたとあるので、個人的にはほぼ間違いないんじゃないかと。
ただ気になるのは、女性だったということ。

モズって女性なんですかね。

女性だとするとやはり、新谷の妹の宏美の説が有力だと思うんですけど。

第5話のあらすじとダイジェスト動画

ってこのダイジェスト動画、普通にネタバレしてるしw

第5話あらすじ

中神(吉田鋼太郎)の部下に拉致された新谷(池松壮亮)は、ICチップの在り処を吐く­よう、厳しい拷問を受けていた。教えようにも記憶が戻らない新谷は、時間がほしいと懇­願するが、中神は彼のアザだらけの体を容赦なく痛めつける。
一方、津城(小日向文世)たちと手を組んだ倉木(西島秀俊)と大杉(香川照之)は、爆­発事件に居合わせた高校生・南貴之(染谷将太)を訪ねる。映画研究部の南は、爆発の直­後、現場の様子を自分のカメラで撮影していた。監視カメラ映像以外で初めて目にする、­爆発直後の映像…そこには、瓦礫の中で泣いている少女と、その少女の見つめている­先にある”何か”が映されていた。この映像が公安によって隠蔽さ­れていたのではと踏んだ倉木たちは、少女が見ていたものが何かの重要な証拠になるので­はと考え、少女のいる療養施設を訪ねる。謎の絵が描かれた画用紙が散乱する中で、少女­は未だ絵を描き続けていた。できた、と少女は言うが、どの絵も何が描かれているのか全­くわからない。しかし思い立った倉木が少女の絵を床に並べていくと、大きな1枚の絵が­現れる。そこに描かれていたのは、ある不気味な光景だった…。
一方、新谷を拉致した際の監視カメラ映像を見た東(長谷川博己)は、直前に新谷が会お­うとしていた葵美(有村架純)の存在に気がつく。東は映像のプリントを新谷に突きつけ­、その反応から葵美が”使える”と確信。葵美を新谷の前に連れて­くるよう中神に命じる。
その頃、津城たちもまた、防犯カメラの映像から葵美にたどり着いていた。新谷と接触し­た彼女には危険が及ぶ可能性が高い。倉木・大杉・美希(真木よう子)の3人は、即座に­葵美の保護に向かう。しかしすでに、東の手先たちは葵美に迫っていた。葵美が連れ去ら­れるのをすんでの所で阻止し、追ってくる男たちをなぎ倒しながら逃げる倉木たち。しか­しそこに、中神が立ちはだかり…。

葵美(有村架純)を拉致しようとする中神(吉田鋼太郎)と倉木(西島秀俊)の格闘が見ごたえありました。
商店街のアーケードから落ちても無事だった中神は、そうとうしぶといですねw

第6話にはとうとう新谷の記憶が戻るそうですね。
話も後半に差し掛かってくるので、ここからいろいろな謎が一気に解けて来ると思うと楽しみです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク