大鶴義丹がマルシアと離婚した本当の原因は母親の李麗仙との確執!?国籍や性格は?

大鶴義丹がネプリーグにトレンディー俳優として出演しました。

最近では俳優よりも映画監督として活躍していて、2014年4月現在で6作品を手がけています。

大鶴義丹はマルシアと結婚しましたが、不倫現場を目撃されて離婚、その後は一般人の女性と再婚しています。
その再婚相手が、高校生の時の友人だそうで結構話題になりましたね。

そんな、大鶴義丹に関して、

  • マルシアとの離婚した本当の原因は?母親の李麗仙と仲が悪かったから?
  • 星野泰子との再婚は、娘のある言葉がきっかけ?
  • 大鶴義丹の国籍と性格は?

の疑問について回答したいと思います。

マルシアとの離婚した本当の原因は?

By: Kumon

大鶴義丹がマルシアと離婚した原因は、浮気現場を目撃されたからです。
大鶴義丹が自宅に浮気相手を連れ込んでいる所を、マルシアが発見、それが引き金になって離婚することになりました。

一般的には、大鶴義丹の不倫が原因ですが、実はその前から二人の関係は良くなかったという話があります。
不倫が見つかる以前から大鶴義丹とマルシアは別居していたというのです。

別居していた原因は、大鶴義丹の母親の李麗仙との関係が悪かったから。

マルシアと李麗仙はよく喧嘩をしていたらしいのですが、喧嘩をする度に大鶴義丹が母親の李麗仙の肩を持ったというのです。
このことが有り、マルシアと李麗仙の関係は悪化、当然、大鶴義丹都の関係も悪化しますよね。
マルシアはなんで私の味方になってくれないの!と思ったはずです。

なので、浮気現場を目撃されていた時には、すでに関係は冷めていてキッカケ待ちだったのではないかと思います。

星野泰子との再婚は、娘のある言葉がきっかけ?

大鶴義丹はマルシアと再婚後、とある女性と再婚しました。その女性というのが、星野泰子さん。
再婚相手は高校時代の友人で1学年下の一般人女性と言われていましたが、その後テレビ出演したため名前がわかっています。

その彼女をプロポーズした言葉というのが、
「余命少ないから一緒にいるか?」だったそうで、ネットでは個性的と話題になっていたそうです。

更に、その再婚を促したのが大鶴義丹の娘で、

「放っておくと死んじゃうから、そろそろお嫁さんを貰いなさい」
のひとことがあったから再婚することんしたらしいですよ。

確かに、そんな言われ方で再婚を決めてるのだから、
先ほどのプロポーズの言葉になっても仕方ないかなと思いますね。

大鶴義丹の国籍と性格は?

大鶴義丹の母親が韓国籍の人なので、大鶴義丹の国籍が気になりましたが、母親の李麗仙は日本国籍を取得しているので大鶴義丹も日本国籍です。

性格については、妻の泰子さんが、
「大鶴義丹はすぐに天狗になる性格なので、調子に乗っているのではないかと懸念している。」
と発言しています。

この泰子さん、ブライダル外車の社長を務めているようで、
大鶴義丹の性格をよくわかっているらしく、不倫容認だそうですよ。

そんな奥さんが心配しているのですから、
大鶴義丹が調子に乗りやすい性格というのは本当でしょうね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク