リュウグウノツカイって食べられる?どんな味?結構うまいという噂

山口県長門市の沖で深海魚の「リュウグウノツカイ」が打ち上げられたそうです。
リュウグウノツカイは、人魚伝説や、地震の前触れと言われていて、あんまり喜ばれる魚ではないようですね。

そのリュウグウノツカイですが、このところ太平洋沿岸で多数見つかっており
南海沖地震の前触れでは?なんて不吉な噂も出ています。

そういった良くない話題が多い中、リュウグウノツカイは食べたら美味しいの?
という疑問をよく目にします。

深海魚なのですが、海釣りする人はたまに釣れる魚だそうです。
やはり魚なので、食べられると思うんですよね。

アンモニア臭くて食べられないと思っていたサメですら、最近はスーパーで普通に売ってますから。
深海魚だって食べれるでしょう。

ということで調べてみました。

リュウグウノツカイってどんな魚?

リュウグウノツカイについて、調べてみました。
深海魚だけにそれほど情報が無いですね。概要の深海に住んでいて、たまに打ち上げられるようです。
日本海側では、網にかかることも多いみたいですね。

海外ではシーサーペントのモデルと言われているし、日本では人魚伝説のモデルと言われています。
人魚伝説のモデルという理由は、日本の文献の人魚は白い肌に赤い髪となっていて、リュウグウノツカイに似ているからだそうです。
人魚の肉質について記載された文献と、リュウグウノツカイの肉質が一致するのも理由の一つみたいです。

リュウグウノツカイの料理方法は?味は?

リュウグウノツカイは食用にはあまり向かないとされていますが、研究員が解剖などを行ったあと食べてみたら、身には臭みや癖がなく鶏卵の卵白のような食感、内臓の場所によっては味が濃厚だったらしいです。

実は結構美味しいのでは?

ネットを調べていくと、居ましたよ!生きたリュウグウノツカイを料理して食べた人物がw

巨大深海魚「リュウグウノツカイ」はうまい 「独特の食感あって最高です!」

当然、色々な部位を食べているのですが、一番おおすすめは心臓だそうです。

そして「今回の目玉商品」として、湯でしっかり洗って引き締めた心臓を醤油バター焼きに。「3つのブロックに別れた部位、それぞれが独特の食感があって最高でした!ココが一番美味い!!」と太鼓判を押している。部位によって、鶏のハツや牛の白もつのような味と食感らしい。

リュウグウノツカイは、さかなクンも食べたことがあるらしく、味は絶賛していたそうです。

ちなみに魚類学者のさかなクンも、過去にリュウグウノツカイを鍋料理として食べたことがあるそうだ。13年10月放送の情報番組「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で、「上品ながら、さっぱりとしたおいしさの中に脂ものって、思いのほかおいしい!例えて言うならば、地鶏のお肉に似ている」と絶賛していた。

リュウグウノツカイは、文献としても美味しいという文献と食用にはできないという文献があるようです。
でも、生きたリュウグウノツカイは美味しいということがわかったので、美味しくないと残した人が食べたリュウグウノツカイは死んでから時間が立っていて、腐敗していた可能性もありますね。

食べられる店がないか調べてみましたが、さすがに無いようです。
一度は食べてみたいですね、残念。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク