ひな祭りの食べ物、ちらし寿司、ハマグリの吸い物、菱餅、雛あられ、甘酒(白酒)を食べる意味は?

3月3日はひな祭りです。

ひな祭りというと、華やかな食事が目立ちますよね。
ちらし寿司に、菱餅、雛あられ、甘酒に、ハマグリのお吸い物、どれをとっても華やかな色合いの食べ物ばかりです。

でも、これらの食べ物って、なんで食べるのでしょう?
ひな祭りの食事について調べてみました。

ひな祭りは元々はお払いの儀式

ひな祭りは女の子の健康と、良縁を願って祝うお祝いですよね。
でも、元々はお祓いの儀式だったらしいですよ。

参考:ひな祭りの歴史と由来について、子供に判るくらい簡単にしてみた!

そう考えると、
食べ物は、災いから身を守るか、縁起のいい食べ物が多いのか?とか、なんとなく想像つきますね。
それでは、ひな祭りを代表する5つの食べ物の意味を見ていきます。

菱餅

by http://waiwaigogo.com/

菱餅は、中国の上巳節で食べられていた母子草のお餅が日本でよもぎ餅になり、
江戸時代には白いもち、明治時代には桃色の餅が加わって3色のお餅になりました。

菱形になっている理由については諸説あってはっきりしていないみたいですね。
・大地を表す
・子孫繁栄を表す
・室町時代の足利家の餅の切り方
なんて説があるようですが、どれもしっくりこないかなー。
ちなみに、菱形は女性の形をもしているという節もあるらしいです。

3色の色についてもいくつ仮説があるようです。
ここでは、よく見かける2つの説を紹介します。
1,桃色は「魔除け」、白は「清浄、純潔」、緑は「健康、生命力」
2,桃色は「花が咲く」、白は「雪が解ける」、緑は「新芽が出る」
  「雪が解けて、新芽が出て、花が咲く」春の訪れを示しているそうです。

なお、着色ですが、
桃色は解毒作用があるクチナシ
白色、血圧を下げる菱の実
緑色、つよい香りで厄除け効果があるヨモギ
を使っているそうです。

雛あられ

by http://blog-imgs-44.fc2.com/

雛あられは女の子が雛人形を持ってお出かけして、
春の訪れを見せるという遊びの際に持っていったのが始まりとされています。

雛あられは、菱餅を砕いて揚げたものだそうですよ。

しかし、雛あられは4色あり、
それぞれが四季を表しているそうです。

雛あられは、デンプンが多く健康によいので、
「一年中を通して娘が幸せに過ごせるように」という意味があるそうですよ。

ちらし寿司

ちらし寿司には、ひな祭りとの言われはないらしいいです。
それって、某メーカーの宣伝で広まったのかと思っていましたがw
昔からお寿司を食べる習慣はあったらしいです。

江戸時代には、箱寿司や祭り寿司が食べられていて、
明治時代にちらし寿司になったらしいですよ。

ちらし寿司に入っている食材は、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が多いので、ひな祭りの定番になったと言われてます。

ハマグリの吸い物

by http://blogimg.goo.ne.jp/

ハマグリの貝殻は対になっていないと、ぴったりハマることはありません。

そのため、仲の良い夫婦のことを表しているということで、
一生に一人の男性と添い遂げられるようにと、夫婦円満や良縁の意味が込められていたそうです。

白酒(甘酒)

by https://www.konnanodo.com/

元々は、桃の花びらを漬けた「桃花酒」が飲まれていたそうです。
桃には邪気を払う効果があると言われていて、約種の一つとして中国から伝わっています。

しかし、江戸時代の頃には、みりんに米や麹を混ぜて熟成させた「白酒」が飲まれるようになり、
子供はお酒は飲めないのでアルコールが入っていない「甘酒」が飲まれるようになったそうです。

こうしてみてみると、鮮やかなだけではなく、
それぞれに意味があるんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク