ひな祭りの歴史と由来について、子供に判るくらい簡単にしてみた!

3月3日は「ひな祭り」。
女の子の成長を願って、美しい雛人形を飾って祝うお祭りです。

by http://photo-chips.com/

雛人形を長く飾っておくと嫁に行くのが遅くなるという言い伝えもあり、
女の子の成長だけでなく、良縁や幸せを祝うお祭りになっています。

女の子のいる家庭では、雛人形や桃の花を飾り、
ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、菱餅、雛あられを食べて甘酒を飲む。

「ひな祭りと言えばコレ!」と当たり前の風景になっていますが
ひな祭りの由来はどのようなものなのでしょうか?

ちらし寿司やハマグリのお吸い物は、縁起が良さそうな印象がありますが、
菱餅や雛あられってなぜ食べるんでしょうか?

「ひな祭り」の由来について調べてみました。

ひな祭りの由来を子供に話せるくらい簡単にしてみた

実際に幼稚園くらいの女の子に説明するならこのくらいかな?
といううレベルまで簡単にしてみたw

お子さんに話す機会がある人は是非、話してみてください。

昔の中国には、3月の頭に手足を洗って悪いことから身を守ろうという習慣がありました。

その習慣が日本に伝わった時に、
手足を洗うのではなく、人形に悪いことを変わってもらって
その人形を川に流して悪いことが起こらないようにお祈りする行事になりました。

それから何百年も経って、
女の子の間で人形を使ったおままごとが流行って、
その頃から、人形を流すのはやめて、
雛人形を飾って
「悪いことがないように」
「元気で育つように」
「良縁に恵まれるように」
とお祝いするようになった。

ひな祭りの由来は?

さすがに、上述した内容だと簡単すぎるので、
ちゃんとしたひな祭りの由来を書きますね。

ひな祭りは、中国から伝来した行事と考えられているそうです。
元々、中国には「季節の変わり目には災いをもたらす邪気が入りやすい」と言われていて、
冬から春に季節が変わる3月の最初の巳の日に
入り込んだ邪気から身を守るために、水辺で禊(みそぎ)をして身を清める習慣があったそうです。

それが遣唐使を通じて日本に伝わった時に、
日本の神事の禊(みそぎ)と繋がって、災いから身を守る儀式として伝わったらしいです。

最初は天皇のお祓いのための儀式だったようですが、
平安時代には宮中にも広がったらしいいです。
この時に、紙などで作った人形(ひとがた)で体をなでて穢れを落とし川に流す儀式が広まったと言われています。

この儀式は現在でも流し雛として残っているところもあります。

宮中行事として広まっていった儀式ですが、
武家社会の時代には、武士にも広まり室町時代には、儀式の日付も3月3日に固定されたらしいです。
しかし、現在のひな祭りには程遠く、災いを遠ざける儀式として広まっていたようです。

現在のひな祭りの形になったのは江戸時代に入ってから。
徳川幕府によって3月3日が上巳の節句として、五節句の一つとなったことで一般的で重要な年中行事になったようです。

上巳の節句は、男女関係ない祭事だったのですが、
その五節句の端午の節句が男の子の節句だったことで、上巳の節句が女の子の節句として定着したと考えられています。

ひな祭りが休日でない理由は?

男の子の日の端午の節句は休日なのに、
女の子の日のひな祭りが休日じゃないのはなぜでしょうか?

江戸時代に、五節句として制定された時は、端午の節句と同様に休日だったらしいです。
しかし、明治6年の新暦採用の際に、五節句の祝日がなくなり、ひな祭りは祝日ではなくなりました。

その後、戦後に休日をつくろうという動きになった時、
端午の節句が休日として制定されています。

もちろん、ひな祭りも休日の候補に上がっていたようなのですが、
雪が降る地方の場合、3月はまだ気候が悪い時期のため、その時期を避けた結果、端午の節句が休日になり、ひな祭りは休日にならなかったそうです。

ひな人形はいつから?

元々、紙や草で作られた人形(ひとがた)だったものが現在の雛人形に変わったのはいつ頃からでしょうか?

人形として川に流していた頃は、紙や草を使った簡単なものだったようです。
その人形が現在の人形に変わっていったのは、
平安時代に流行った人形遊び(いわゆるおままごと)がひいな遊びと言われていて、
ひいな遊びで使っていた人形と、身代わりとして使っていた人形(ひとがた)が結びついて人の厄災を受け持つ男女セットの人形が完成。
それが、現在の雛人形の原型と言われています。

この雛人形は、江戸時代になると人形作りの技術が上がったことで立派な人形ができると、
流すものから飾るものとして変化していったそうです。

また、雛人形を嫁入り道具として持たせる風習もできたことで
婚礼の様子が人形で表現されるようになったと言われています。

当然、豪華であればあるほど財力の象徴になるので、
この頃から、内裏雛だけだったものから、5段や7段といった豪華なものが出回ったとされています。
あまりにも豪華なものを作らせるので、幕府で制限する禁止令を出したほどだったそうですよ。

そして、女の子が生まれると、その子の形代として雛人形を用意して、
「災いが降りかかりませんように、美しく成長して良縁に恵まれますように、幸福を得られますように。」
と祝う初節句のお祭りとなって、庶民に定着したと言われてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク