松岡修造の嫁と子供は?実家は金持ちで御曹司?一族は?慶応出身?

松岡修造さんは報道ステーションのスポーツキャスターとして活躍中ですよね。
元プロテニスプレイヤーで、言動が熱い男としても有名です。

by http://iso-labo.com/

そんな松岡修造さん。
調べてみると、実は御曹司だったことが発覚

松岡修造さんの家族を見てみると、すごい顔ぶれですね。

曾祖父:小林一三(阪急東宝グループ創業者)
曾祖叔父:田邊七六(衆議院議員)
曾祖叔父:田邊宗英(後楽園スタヂアム社長)
祖父:松岡辰郎
従祖叔父:田邊圀男(総理府総務長官、沖縄開発庁長官)
父:松岡功(東宝社長)
母:千波静(本名:松岡葆子(旧名:静子)、宝塚歌劇団卒業生)
妻:田口恵美子(アナウンサー)
兄:松岡宏泰(東宝東和社長)
義兄:辻芳樹(辻調理師専門学校校長)
義伯父:小林公平(阪急電鉄社長)
従叔父:鳥井信一郎(サントリー社長)
従兄:小林公一(阪急阪神ホールディングス取締役)

本人は日本のプロテニスプレーヤー、スポーツキャスター、タレント。
特定非営利活動法人日本オリンピアンズ協会理事。

実は実家は金持ちだったんですね~。
そのままでいれば、今頃、どこかの会社の社長や役員をしていてもおかしくなかったのです。

実際、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾中等部、慶應義塾高校とずっと慶応だったんですけど、
自分のやりたいことはテニスだったので、テニスの名門校の川柳高等学校に転校。

この転校には、親や学校の先生も猛反対したそうなんですが、
川柳高等学校からでも大学に進学することを条件に転校をもぎ取ったようです。

その後も、アメリカの高校に転校、
アメリカの高校に転向する条件だったアメリカの大学進学をせずにプロ転向
と、親との約束を破り続けてプロテニスプレイヤーになったそうです。

実家が金持ちということで勘違いしている人もいるみたいですが、
もちろん、親からの援助は無いので資金的にかなり厳しい生活をしていたそうです。

他の選手との相部屋で、ランキングが下の自分は床で寝るなど、
時には食事にも困ったために、
隣のテーブルのパンを取った事もあったらしいです。

もちろん、練習相手も居ないような状態だったので、
かなりハングリーな生活をしてたようですよ。

恵まれた環境を捨ててプロテニスプレイヤーとしてチャレンジする姿勢は、
今の熱い男そのものですよね!

引退後は?

元アナウンサーの田口恵美子さんと結婚し、すぐに引退を表明しています。
その際、引退ではなくて、卒業と表現にこだわったみたいです。

彼にとっては、新しいことにチャレンジするために今のプロテニスプレイヤーを卒業する。
という思いが込められているのでしょう。

お子さんは3人に恵まれています。(長女:恵さん、長男:修さん、次女:笑さん)

松岡修造さんは現在スポーツキャスターとして活躍していますが、
元スポーツ選手だけに、質問が的確だし、
若い選手や女の子の選手に対しても敬意を持って接するので、
キャスターとしても優秀との評価が多いですね。

彼が応援に行くと異常気象を引き起こすなんて話もありますがw
彼の応援で選手はかなり元気づけられていると思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク