松岡修造伝説とは?雪不足、猛暑、寒波など異常気象を引き起こす?

松岡修造さん、熱い男として有名な彼ですが、
彼にはある伝説があるのをごぞんじでしょうか?

その伝説というのが異常気象を引き起こすというもの。

今年2014年は気象庁が会見するほどの大雪ですが、
この大雪も松岡修造さんによって引き起こされたという、
眉唾な伝説が完成しつつあります。

この伝説について調べてみました。

伝説の始まりは、2010年のバンクーバー五輪
この時、松岡さんがバンクーバーに駆けつけていますが、バンクーバーは深刻な雪不足だったのです。

どのくらい雪不足だったかというと、
例年の60%くらいの積雪だそうで、山の地面が見えてしまってます。
そして、日本は寒波到来!

by http://blogs.yahoo.co.jp/

2013年、松岡修造が全英オープンの応援に駆けつける。
すると英国人が「暑すぎて働きたくない」というほどの猛暑

更に、英国の気象予報士さんは天候は良くなく、毎日雨が降ってもおかしくないという見解を出していたそうです。
選手からは、英国の天気予報は信用出来ない。などのクレームが上がったたそうです。

ここで、熱い男、松岡修造が応援に行ったことで暑くなった疑惑がw

by http://www.theopen.jp/

そして、2014年のソチ・オリンピックでも雪不足に。
ソチの場合は、気温が16℃もあるようで、完全に地面見えちゃってます。

しかし、松岡修造さんが応援に出かけたため、日本では気象庁が会見するほどの大雪になってます。

by http://webnews.asahi.co.jp/

ここまで異常気象が続くと、
松岡修造さんが出かけて行くと日本は寒波が来て出かけた先の気温が上がる?
という、天候まで変えてしまうという伝説が生まれたのです。

天候を変えてしまうほどですから、完全に生きた伝説ですよねw


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク