ふるさと納税の人気の理由は?オススメ特産品?お得な利用方法?

ふるさと納税ってご存知ですか?

2008年から導入された農政の仕組みで、
自分が住んでいない地域でも納税出来る仕組みです。
最近、ふるさと納税が注目されているようなので、色々調べてみました。

ふるさと納税http://www.furusato-tax.jp/

ふるさと納税というくらいだから、
自分の出身地しか納税できないんでしょ?
と勘違いしている人も多いのですが、
実は納税先を自由に決めることが出来ます。

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税の特徴は大きく5つ。
・特産品が貰える
・納税先を自由に選べる
・税金の控除が受けられる
・税金の使用方法が自由に選べる
・複数の自治体に納税できる

ふるさと納税の特産品が注目を浴びていて、
最近は過熱気味だとか。

その加熱具合を気にして、
総務省から注意とも取れる文書が各自治体に送られたそうです。

ふるさと納税の人気の理由は?

ふるさと納税の人気の理由は特産品です。

ふるさと納税者に対して、地元の特産品を還元している自治体が約半分ほどあるそうです。
特産品の送付は、地方自治体に多いのが特徴です。

寄付者としては、寄付金額2000円の負担で特産品が貰えるのでお得ですし、
地方自治体にとっては、宣伝費無しで地元の特産品を全国の人に味わってもらうチャンスなので、かなり力を入れているようです。

また、ふるさと納税は複数の自治体に納税できるため、
実質の負担額が2000円で、複数の特産品を受け取れます。

ふるさと納税http://www.furusato-tax.jp/about.html

2008年の始まった時には、控除対象額が5000円以上だったのに対して、
2011年からは、控除対象額が2000円以上に引き下げられたため、
利用しやすくなり、利用者が急に増加しているそうです。
※例えば、1万円をふるさと納税した場合、2000円引いた8000円が控除対象になる

いくらまで控除される?目安は?

ふるさと納税で納税できる額は、
家族構成と現在の世帯収入で変わってくるようです。

例えば、子供がいる夫婦世帯を例にすると、
年収300万円で12000円
年収500万円で30000円
だそうです。

ふるさ納税 税金控除 目安

子供がいない場合、独身の場合、70歳以上の場合は以下のサイトに目安があるのでさんこうにしてください。
ふるさと納税で税金控除になる金額の目安

ふるさと納税の特産品が加熱気味?

ふるさと納税の特産品の中には、
長野県下伊那郡 阿南町のように、沢山のお米が貰える地域もあります。

阿南町では、
10000円の寄付で、20kg
20000円の寄付で、40kg
30000円の寄付で、60kg

自治体によっては、肉や魚、果物など多種多様な特産品を用意しているようなので、
おすすめの特産品を紹介します。
※2014年1/9現在のものです

鳥取県 米子市
大山ハムの詰め合わせや、牛豚鶏肉のセット、酒お茶などの飲み物、ホテル宿泊券など幅広い商品が特産品として選択できます。

3000円以上の納税者全員に、米子市民体験パック (地元企業協賛品詰め合わせ)
10000円~30000円で64種類の特産品から、1つ
30000円で64種類の特産品から、2つ

鳥取県 米子市の特産品

鳥取県 倉吉市
果物が多いのが特徴です。
梨、メロン、スイカなどの果物、はちみつやジャム、鳥取牛やお米も有ります。

鳥取県 倉吉市の特産品

島根県 出雲市

いずも和牛肉、大社海産物セット等の魚介類、地酒など、6月限定でデラウェアもあるみたいです。
43品目の特産品が有ります。紹介している中では少ない部類になりますが、それでもかなり多いですね。

島根県 出雲市の特産品

南宇和郡 愛南町
愛南町の特産品は、新鮮な魚介類と柑橘類が多いです。
寒ブリ、ヒラメ、牡蠣、真鯛、愛南ヒオウギ、せとか、ポンカン、愛南ゴールドなど。
寒ブリは水揚げされたものを、そのまま氷と一緒に送られてくるそうですよ。

以上は特産品の多い自治体をピックアップしてみました。
この他にも、まだまだ沢山の特産品があるので、
自分の好きなモノを探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク