梅舟惟永の経歴は?読み方は?ハーフ?性格や演技の評判は?

梅舟惟永さんがNHKのドラマ「ガラスの家」に出演しています。
独特の存在感と演技力で注目され始めている若手の女優さんです。

梅舟惟永

舞台が中心の女優さんだったのですが、
最近はドラマへの出演が増えてきているようです。

梅ちゃん先生、お天気お姉さん、踊る大捜査線など話題作に多数出演しており、
段々と人気が高まってきているようです。

そんな梅舟惟永さんについて調べてみました。

梅舟惟永さんの読み方は?

梅舟惟永さんの簡単なプロフィールについてかこうと思います。
梅舟惟永さんの読み方は(うめふね ありえい)と読むそうです。

かなり珍しい名前ですよね。
最初この名前を見た時に、男性かと思いました。

この名前本名?芸名?と思ったので、更に詳しく調べると、
梅舟祥豊さんという弟がいるそうです。
「うみふねしょうひろ」って読むらしいです。

梅舟惟永 梅舟祥豊

弟さんも同じ苗字なのと、芸名にしては覚えにくい名前なので、
梅舟惟永は本名なのでは?と言われています。

また、顔立ちや名前、北京語が話せること、
祖母が台湾に住んでいる話も出ているので、
中国人か、ハーフなのでは?という憶測もあるようです。

しかし、東京出身とのことなので、中国人ではないかな。
祖母が台湾に住んでいる話が本当だとしたら、
台湾人とのハーフ、もしくはクォーターの可能性はあると思います。
そうだったとしても、日本生まれの日本育ちだと思いますね。

経歴は?

梅舟惟永さんの経歴について調べました。
梅舟さんは早稲田大学法学部を卒業している才女です。

大学在学中に演劇部に入っていたようです。
演劇部の同期のメンバー5人で「ろりえ」を結成して舞台公演を行っています。

2007年に、佐藤佐吉賞で最優秀助演女優賞を受賞しています。
佐藤佐吉賞は、王子小劇場で上演された公演を対象に
優れた作品や、俳優女優に対して賞を送るものです。
2010年には、佐藤佐吉賞優秀主演女優賞も受賞しています。

2009年に、映画での演技が現在の事務所「ZACCO」の目に止まって
スカウトされています。
そのごは、舞台や映画、ドラマに幅広く活動しています。

2013年の「お天気お姉さん」で連続ドラマに初のレギュラー出演。
ガラスの家にも出演し、確実に活躍の場を広げていますね。

極端に美人というわけではないのですが、
スカウトされてから3年しか立っていませんがかなりの数のドラマや映画に出演しています。

今後もドラマなどの出演は増えると思うので、
急にブレイクする可能性は十分にあると思います。

ガラスの家の演技も気になりますね!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク